1. TOP
  2. ドクター診療日記
  3. 東京銀座院院長 末永裕信の診療日記
  4. 腫れない二重術(埋没法)とは

腫れない二重術(埋没法)とは

先日、埋没法をお受け頂いた患者様から『以前受けた埋没に比べて腫れがとても少なくて驚きました』とのお言葉を頂きました。
二重術、特に埋没法をお考えになる患者様にとって最も関心が高いのは、やはり腫れに関してだと思います。
そのため、水の森美容外科では極力腫れを少なくした埋没法にこだわっています。

時折、他院で埋没法のカウンセリングを受けた患者様から2万円とか3万円との広告を見てカウンセリングに行ったところ、最新の腫れが少ない埋没法だと20万円だとか30万円だとか言われました、との声を聞くこともあります。
ちなみに今までで最も埋没で高価だったのは80万円!!と言われたという方もいらっしゃいました。
金額が高価になる理由としては、最新の極細の針や糸を使用し、特殊な方法を用いているから高価になるとの理由が多いようですが、そもそも、埋没法に使用されている針や糸はもともとかなり細いものですし、仮に最新の糸を使用したからと言ってそれが数十万の手術代金になるほどの原価ではないでしょう。
言ってしまえば、それは美容外科的営業方法なわけですが、実際にその最新の埋没法を数十万でお受けになった患者様でも術後はしっかり腫れてしまった、という方もいらっしゃいます。

つまり、針や糸の細さだけが埋没法の腫れに関与しているわけではないのです。
では、腫れを左右する要因とはなんでしょうか。

術者側の要因としては、大きく言うと、使用する麻酔の量、麻酔を注入する位置、糸の結び目の締まり具合があるのではないかと思います。
麻酔の量は少なければ少ないほど腫れは少なくなります。しかし、極端に麻酔が少なければ、患者様は痛みを感じてしまいますし、それが逆に腫れを誘発してしまいます。
また埋没法がスムーズに行えないような医師であれば初めから麻酔の量が多くなってしまい腫れてしまうでしょう。
いかに、患者様に痛みを感じさせない程度に少量の麻酔を使用し、スムーズに行えるかが腫れを抑えるポイントだと思います。
あるいは、局所麻酔を注入する位置も腫れには関与しており、少し専門的な話にはなりますが、眼瞼挙筋という瞼の筋肉に麻酔を効かせすぎてしまうと術後に瞼の開きづらさが出る可能性があり、結果的に腫れたように見えてしまうのです。

また糸の結び目の強さですが、これはきつく締めれば締める程、瞼の組織はうっ血し腫れの原因となってしまいます。
逆に結び目が緩すぎれば、瞼の表面が凸凹したり、瞼の裏側から糸が出てきてしまう可能性が高くなってしまいます。(厳密には適切な強さで結んでもまれに起こり得る事ではあります。)

埋没法においては、この一つ一つの要素を徹底的にこだわる事で、結果的に腫れを少なくできるものだと思います。
当院で使用している糸が極細のものであることは当然ですが、麻酔の量に関しても患者様が痛みを感じないような最少の量を使用し、注入する位置もなるべく眼瞼挙筋に効きすぎないような位置に注入することを心がけ、結び目の強さも強すぎず、緩すぎず常に一定の力で行えるように特殊な器具を用いて手術をしています。

これらのうちのすべてが満たされたとしても、まれに腫れてしまう可能性もゼロではありません。
しかし、これらのことを理解した上で一つ一つにこだわって手術を行わない限りは腫れの少ない埋没法を行う事は出来ないでしょう。
つまり、単に糸を細いものを使用したからとか、最新の手術法だからとかそのような事で腫れが少なくなるわけではないのです。

あと一つ腫れに関わる要素として、実は患者様側の要因もあります。
それは、手術中になるべくリラックスをして瞼の力を抜く事。これが、意外と大きな要因となる事もあるのです。
瞼の手術となるとどうしても緊張したり、力が入ってしまいますが、当院ではなるべく患者様が力を抜けるように手術中にはそのコツをお伝えしています(笑)
ですので、安心してお受け頂けるかと思います。

患者様がネットや雑誌等で得られる情報には限りがあり、その中で、このような点にまで言及されている記事はそれ程多くはないと思います。
この日記を見てくださった患者様がより正確な知識を得られ、二重術や埋没法をお考えの方に少しでもクリニック選びの参考になってもらえれば非常に嬉しく思います。

この記事で解説した二重手術「埋没」の施術について詳しく知りたい方は以下をご覧ください。
二重手術「埋没」の施術ページ