1. TOP
  2. ドクター診療日記
  3. 東京銀座院院長 末永裕信の診療日記
  4. アドバイスと営業の違い

アドバイスと営業の違い

患者様とカウンセリングでお話ししていると、『どこを直したらよくなりますか?』という質問を頂く事がございます。
例えば、二重の幅を変える、鼻を高くするということであれば、印象の変化も大きいのですが、そこまでの変化は今では考えてない、という方もいらっしゃいます。

そのような時に比較的患者様も受けやすいのが、輪郭を整える処置ではないかと思います。
具体的に言うと、エラのボトックス注射や顎へのヒアルロン酸注射です。
例えば、エラのボトックスであれば筋肉の発達によってエラが張って見える方に対しては非常に小顔効果が高い処置です。およそ1か月かけて徐々に効果が現れてきますので、周囲の人には『なんかやせた?』と言われることが多いそうでバレにくい事でも好まれている処置です。
また、顎のヒアルロン酸注入はどことなく洗練されたような印象を与え、小顔に見える効果もありますので、患者様自身も『あからさまな変化ではないのに、なんだかよくなってる!』とお感じになるようです。

エラのボトックスや顎のヒアルロン酸を全く考えたことのなかった患者様からすると、『そうなの?』と思われる方もいるかもしれませんが、実はこの部分への処置に関しては適応さえあれば、ほとんどの方に満足して頂けるものではないかと思うほどです。

我々も美容医療のプロですので毎日多くの患者様のお顔を拝見させて頂いて、その中でどのような処置を行えばどのくらいの効果が見込めるかというのは認識しております。
ですので、もし、自分ではどのようにしたら良いのかあまりわからない、と思われる患者様は遠慮なさらずにご質問頂ければこちらから患者様に適した治療をご提案することも可能です。

しかし、特に最近の美容外科業界においては、一部のクリニックでは、ご提案やご説明とは言い難い強引な勧誘が横行しており、時折、問題視される事例も存在します。
患者様がよくご存知でない治療を最新の治療などと説明しては、効果があいまいな施術を高額な料金で受けさせている、というのが実態なようですが、これが事実であれば、患者様が不満を抱かれるのも当然かもしれません。
美容医療は他の診療科のドクターやナースから見てもわからない部分が多いため一般の方がその全貌を知る事はさらに難しいのかもしれません。
しかし、そこにつけ込むような形での営業方法では患者様は不利益を被ることになります。

本来であれば、美容業界でも自浄作用が働き、そのような営業方針が無くなる事が最も願わしい事ですが、患者様ご自身もできる限り、治療の中身だけでなく訪れるクリニックの雰囲気なりを知ることができれば患者様にもプラスになるのではないかと思います。
この日記を読んで頂いて、当院の雰囲気や治療方針に共感頂ければ幸いと思っております。

この記事で解説したヒアルロン酸・ボトックス注射の施術について詳しく知りたい方は以下をご覧ください。
ヒアルロン酸の施術ページ
ボトックス注射の施術ページ